モンクストラップってどうよ!? by タケヒロ

Facebook にシェア
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

こんにちは!

淀屋橋odona店のタケヒロです。

基本的に靴はパカパカしないようにきっちり締めて履かないと落ち着かない僕ですが、最近はデッキシューズやスリッポンなどにも手を出しています。

そんな中、ダブルモンクと言われるタイプのレザーシューズが入荷したのでもちろん飛び付きました♪

Paraboot(パラブーツ) レザーダブルモンクストラップシューズ”WILLIAM-ウィリアム” ¥63,000

こちらのレザーシューズです♪

ダブルモンクというとドレスシューズやキレイめな靴に使われている事が多いのですが、Parabootのこちらのモデルはノルベイジャン製法でごつめのソールを組み合わせたユニークなデザインとなっています。

ストレートチップのトゥとスッキリとしたヒールのデザインが色んなコーディネートに使い回せる便利なWILLIAMに革本来の柔らかみのある風合いを生かしたGOLDが追加になりました。

足の甲の部分は写真のように2本のストラップでがっちり留められるようになっています。

さて、ここで初めてモンクストラップに手を出した僕が気になったこと。

「ストラップは2本ともがっちり留めてしまうものなの?」

というわけで、色んな雑誌やらを読みあさってみた結果・・・

こうなりました(笑)

こうなった理由には2つありまして。

一つはParabootのノルベイジャン製法はインソールにコルクがたっぷり使用されているため履き始めにかなり沈み込んでいくということです。新品の状態だと上のストラップは外から2つ目の穴で留めていたのですが、2・3回履いただけで少しゆるくなってきました。バックル式なので留めていると当然クセが付いてきてしまうのでインソールが馴染むまでは外しておこうという理由。

もう一つはLEONのスナップなどを外していることが多いということ。当然カジュアルの時に限定されることではありますが、外していることでこなれ感というか着崩してる感が出るんですね♪

そんな理由でここ何日か上のストラップを外して履いているのですが(もちろん何日も連続で履いているわけではないですよ!)、意外と下だけでもしっかりと固定されるもので歩いている時にカポカポする感じも全くありませんし、脱ぎ履きがしやすいのもいいです(笑)

そんなわけでカジュアルの時は外す、キレイ目の時は留めるという使い分けで行こうと思います♪(まぁ、仕事柄カジュアルがほとんどなので留めることは殆ど無いように思いますが・・・)

そして、この色なんですがオーダーしていた時のイメージよりもかなり良いです!

まだ履き始めてそんなに経っていないのでアレですが…履いて→傷が入って→磨いて→履いてを数回繰り返しているだけで新品の時よりも革の色の深みがドンドン増してきました。

これは履けば履くほどに深みと個性が増していく最高のお色だと自信を持ってオススメできますよ!

トゥの部分だけ少し色を入れてグラデーションにしたり、革自体の色を楽しんだりとお好みに合わせて色んな楽しみ方をしていただけると思います♪

 

TORAYAではfacebookページやtwitterにて最新情報をリリースしています。そちらもチェックしてみて下さい♪

本町・淀屋橋のTORAYAのfacebookページ

TORAYAのtwitter

友だち追加

Facebook にシェア
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

カテゴリー: ブログ, メンズスタッフブログ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です